忍者ブログ
HOME > ノープランの記事 Admin NewEntry Comment RSS  
当ブログの内容は,限りなくフィクションに近いノンフィクションです。
■カテゴリ「ノープラン」の記事一覧

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏休みの後半,8月18日(木)〜19日(金)の日程で富山旅行に行ってきました。

旅のメインは二日目に行く黒部ダムなんで,初日は特に予定立てておらず。

とりあえずTANセレクションの「海王丸パーク」へ。
20110818-19_toyama_01.jpg

うん,個人的には見所なし。

次に向かうは,事前に調べてた「とやまトップライズ」なるカート場へ。
20110818-19_toyama_02.jpg

思ってた以上に綺麗なカート場で,広いし走りやすいんで2回ほど走りたかったんだけど,1回走ったところで大雨が。

というわけで,カート終了。そのままホテルへ移動して,大した観光もせず初日終了。

明けて翌日,黒部ダムに向かう日,富山全域には大雨警報が…。もしかして黒部ダムにも行けないかも…。

そんな一抹の不安を抱えつつ黒部ダムに向かったのですが,黒部ダムでは運良く晴れてました。

念願の黒部ダム。
20110818-19_toyama_03.jpg

上から見たら虹が。
20110818-19_toyama_04.jpg

黒部ダムの中心。
20110818-19_toyama_05.jpg

もう一つの旅の目的,黒部ダムカレー。
20110818-19_toyama_06.jpg

なんだかんだ気がつけば,3時間ほど黒部ダムの周りをウロウロしてました。

おまけ。

黒部ダムで売ってたこの土産,奈良で見た「奈良ならエクレア」っていうのと同じだ。
20110818-19_toyama_07.jpg
PR
1泊2日ノープランの旅,2日目最初の目的地は本州最西端「毘沙ノ鼻」です。
20110504_GW_01.jpg

ホントの本州最西端はゴミ処理場みたいなところの敷地内にあって,昔は申請をしたらそこまで行くとこが出来たらしいのだが,今は行けなくなってるみたい。

ゴミ処理場かなにかのおっちゃんに聞いたんで間違いありません。

次に向かったのが,下関の海峡ゆめタワー。
20110504_GW_02.jpg

展望室からは,あの巌流島が見えます。
20110504_GW_03.jpg

巌流島と言えばあの有名な決戦。そうです,「アントニオ猪木vsマサ斎藤」です。

せっかく下関に来たんで昼食はフグ丼。下関では「フク丼」って言うみたいです。
20110504_GW_04.jpg

昼食後は関門トンネルを通って門司へ。九州上陸です。
20110504_GW_05.jpg

門司に来た目的はこれ。アインシュタインの直筆の手紙の写し。
20110504_GW_06.jpg

この後は,帰りの高速の渋滞を考慮して,15:30頃に門司を出発。一路大阪へ。

帰りも一部渋滞にハマりましたが,なんとかその日のうちに大阪まで帰ってくることが出来ました。

結局,行きも帰りも移動に8時間くらいかかってるんですが,なんだかんだでそれなりに観光した,1泊2日ノープランの旅でした。
GWを利用して,ほぼいつものカートメンバーで秋吉台〜下関〜門司を1泊2日で旅行してきました。

高速の渋滞が心配だったんだけど,一部渋滞してたのを除くとそれ以外はほぼ渋滞なしで進んで,朝6:15集合で目的地の秋吉台に着いたのが14:30頃だったんで,まあまあ順調なすべり出し。

まずは秋芳洞を見学。
20110503_GW_01.jpg
20110503_GW_02.jpg
20110503_GW_03.jpg

秋芳洞の中は通路が整備されてて完全に観光地になってるけど,これだけの大きさの鍾乳洞なんて見たことがなくて何気に感動です。

秋芳洞周辺の土産物屋で見つけた。思わず買いそうになった。
20110503_GW_04.jpg

秋吉台も観光。なかなかいい眺めです。
20110503_GW_05.jpg

この後はもう宿泊先のホテルに移動です。

ノープランの旅らしく,GW直前にホテル確保したので宇部新川駅前のビジネスホテルしか確保出来ず。

なので泊まったのは,まるで出張に来たかのような部屋。
20110503_GW_06.jpg

晩ご飯も,宇部新川駅前にはあまり店がなく,結局居酒屋チェーンの八剣伝で済ましました。

全然,観光気分無し。

こうして,ノープランの旅1日目が過ぎていきました。
前回の続きです。

カート満喫→国際コース見学→F1マシン見学の後,土産物屋を物色。

フェラーリ風の便座。4800円。意外に安くてもうちょっとで買うところやった。よく見ると中に入ってるマシンは全然フェラーリじゃないんだけどね。
20110212_suzukacircuit_18.jpg

ミハエル・シューマッハの直筆サイン入りレプリカヘルメット。100万円なり。
20110212_suzukacircuit_19.jpg

これは白ベースのカラーリングなんで,フェラーリに移籍してすぐの頃のメットだと思われ。

ミハエル・シューマッハといえば今ではこのドラゴン・タトゥー赤色メットの印象が強いけど,初期の頃の白ベースメットもやっぱかっこいいよな。

結局土産物屋では便座もレプリカメットも買わず,鈴鹿サーキットのネックストラップ付きパスケースを買いました。

最近会社で,社員証を紛失しないようにネックストラップで首からぶら下げておくという,小学生が思いつきそうな画期的な方針が示されたんで,それに使えないかなぁと思って。

ASIMOもちょっとだけ見学。
20110212_suzukacircuit_20.jpg

この後は鈴鹿サーキットで特にやることもなくなったんで,ちょっと遅めの昼食を食べてから名古屋にひつまぶしを食べに行くことに。

鈴鹿→名古屋が1時間くらいで意外に早く名古屋に着いてしまい,ちょっと名古屋城でも見学に行こうかということで,名古屋の街中をMIZが「なにわナンバーやねんから入れろや(#゚Д゚)ゴルァ!!」走法を惜しげもなく披露しながら走行していたところ,突然車体下部から異音と白煙が。

脇に寄せて確認してみると冷却水がダダ漏れ。
20110212_suzukacircuit_21.jpg

レッカー到着。
20110212_suzukacircuit_22.jpg

ドナドナ。
20110212_suzukacircuit_23.jpg

嗚呼,エブリィ君。君との別れがこんな形で突然やってくるなんて。

鳥羽とばーがー,伊勢赤福氷,名古屋モーニング,浜松うなぎ遠征,広島大和の旅,君との思い出が走馬灯のように蘇ってくるよ。

雨の日も風の日も,暑い夏の日も寒い冬の日も,MIZの理不尽な扱いに君は文句ひとつ言うことなく走り続けたね。

そして最後に,とうとう君は力尽きた。

もういいんだよ,ゆっくり休んでくれて。

ありがとうエブリィくん,さようならエブリィくん。










…とはならずに,約2時間後に修理されて復活しました。

故障の原因は冷却水のホース抜けとファンベルトの破損ってことで,たまたま近くにあったスズキのディーラーに運ばれてったエブリィくんは,MIZの「今日中に修理しろや(#゚Д゚)ゴルァ!!」作戦が炸裂して当日中の修理となったようです。

せっかくソニー損保全額負担で新幹線で帰れると思ってたのにな。チェッ。

この後は,閉店ガラガラ,じゃなくて閉店ギリギリでひつまぶしを食べて帰ってきました。
20110212_suzukacircuit_24.jpg

先日,日本のモータースポーツの聖地,鈴鹿サーキットにいつものカートメンバーで行ってきました。

ちょっと早めに着き過ぎたんですけど,意外にも開園前から行列。
20110212_suzukacircuit_01.jpg

ほとんどが子供連れの中,オッサン4人はかなり特異な存在でした。

鈴鹿サーキットに来た目的は,もちろんカート。
20110212_suzukacircuit_02.jpg

始めて利用する人は3周からスタートで,その後Bライセンスを発行してもらうと10周走れるってことだったんで計13周走りましたが,Bライで乗れるカートが最高速55km/hに抑えられてて直線ですぐリミッターかかるんで,せっかく走りに行った割にはちょっと期待はずれでした。

カートのあとはせっかくなんで国際コースをちょっと見学。

最終コーナーからメインストレートを望む。
20110212_suzukacircuit_03.jpg

こちらはシケイン側。
20110212_suzukacircuit_04.jpg

モニュメント。
20110212_suzukacircuit_05.jpg

鈴鹿の道は世界に通ず。
20110212_suzukacircuit_06.jpg

サーキット入り口のエントランス。
20110212_suzukacircuit_07.jpg

サーキットではちょうど2輪の走行会(?)のようなものをしていたのですが,それを見たMIZが「転んだりせーへんかな!!」とわめいてた。まったく,こーいう奴はモータースポーツをする資格ないよな∈(´Д`)∋アァー

国際コース見学の後は,2月27日まで開催されているホンダのF1マシン特別展「LEGEND of FORMULA MACHINES HONDA F1 ヒストリー」へ。

台数は少ないもののホンダのF1マシンが展示されてます。

懐かしのアースカラー。バトンのマシンでした。
20110212_suzukacircuit_08.jpg

マクラーレンホンダが3台。奥の2台はカーナンバー1。すべてセナのマシンでした。
20110212_suzukacircuit_09.jpg

こちらも懐かしい,BAR HONDA。このマシンを見るとヴィルヌーヴを思い出すのですが,これはゾンタのマシンでした。
20110212_suzukacircuit_10.jpg

SENNA'S SEAT。
20110212_suzukacircuit_11.jpg

中嶋悟メット。
20110212_suzukacircuit_12.jpg

ベルガーメット。
20110212_suzukacircuit_13.jpg

セナメット。
20110212_suzukacircuit_14.jpg

別ルームにはGTマシンも展示してありました。こちらは,おそらく常設してあるものだと思われます。
20110212_suzukacircuit_15.jpg
20110212_suzukacircuit_16.jpg

ちなみにこの展示室はサーキットのホスピタリティラウンジにあって,このようにコース下のトンネルを通って行きます。
20110212_suzukacircuit_17.jpg

この後,ASIMOをちらっと見て土産買って鈴鹿サーキットをあとにしてひつまぶし食べに名古屋に向かうのですが,道中とんでもないトラブルが発生するのでした。

ちょっと長くなってきたので,その話はまた次回。
[1]  [2]  [3
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンタ
 
ついったー
AM32 Kart Club (仮) リンク
  Am32 Tube
  AM32 Kart Club (仮) アーカイブ

  Am32 Tube
  AM32 Kart Club (仮) on
  Twitter
最新コメント
[12/07 まっくん]
[05/03 アナバコリア]
[05/03 アナバコリア]
[10/09 よし]
最新記事
(01/30)
(01/24)
(01/05)
(10/29)
(10/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
am32_kart_club
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウントダウン
アクセス解析
AM32 Kart Club (仮) ノープラン Produced by am32_kart_club
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com